FC2ブログ

雨の日も楽しく♪

こんばんは、アモローソ音楽院の中村響子です。
昨日、今日は雨が続き気温も下がり街中を足早に移動しました☔️
どうしても雨の日は気分が落ち込み気味…そんな時必ずと言っても良い程聴く曲があります♪
ミュージカル【雨に唄えば】よりタイトル曲の『雨に唄えば』です。
土砂降りの雨の中、傘も差さずにずぶ濡れになりながら幸せそうに、楽しそうにジーン・ケリーが歌い踊る場面は本当に名場面!!
この曲を聴くと笑顔になり、心がわくわくします😍


ここで少しこぼれ話を💡
スタジオで撮影されたこのシーン、かなりの量の雨が降っておりますが、雨は映像に映りにくいですよね。そこで映像に映りやすくするため、雨として降らす水に少しミルクを混ぜて白っぽくした…という話があります❗️
そして、土砂降りの中撮影を進めるジーン・ケリーが風邪をひいてしまった…という逸話も。
そりゃそうです…
そんな雨の中、自ら濡れに行くなんて風邪をひきにいくようなものですものね。
良い子は真似しないで下さいね🈲


最後にもう一つ…
この曲はデパートなどで「外で雨が降ってきました」というお知らせとして雨が降り始めた時に館内で流れるそうです🌂
私はなかなか気付くことが出来ず、残念ながら未だに流れている時に遭遇したことがありません…😢

雨が降るかも?という日にデパートへ行った際はBGMにも耳を傾けてみてはいかがでしょうか?💕


中村響子


【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

カラフル☆ミュージカル

こんにちは、アモローソ音楽院の中村響子です。

先日、今話題の『ラ・ラ・ランド』を観て参りました🎥
ミュージカル大好きな私にとって外せない作品!
予告編を見た時のカラフルな印象そのままに目が回ってしまいそうなくらいの色使い!ヒロインのミアが着ているワンピースがどれも可愛かったです💕

個人的にはMGMミュージカル(メトロ・ゴールドウィン・メイヤー社が作り出したミュージカル映画。代表的な作品は「雨に唄えば」「オズの魔法使い」など。)と似た空気を感じ、『巴里のアメリカ人』でジーン・ケリーとレスリー・キャロンが台詞や歌無しで踊るシーンや『バンドワゴン』のフレッド・アステアとシド・チャリシーなど様々なロマンティックなダンスナンバーを思い出しました…💓

音や映像は今の映画と比べると荒い部分もありますが、元祖カラフルミュージカル?!と言っても過言ではない《巴里のアメリカ人》のダンスシーンなどは冒頭のスーツのカラフルさとレスリー・キャロン演じるヒロインの衣装が可愛くて大好きです😍


主人公とヒロインの心が少しずつ近付き、そこからぐっと距離を縮めていくシーンでのダンスってなんて素敵なのでしょう…!!✨




中村響子

【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

ミュージカルのお話♪〜ウエスト・サイド・ストーリー⑥〜

こんばんは、アモローソ音楽院の中村響子です。

昨年から続いております《ウエスト・サイド・ストーリー》シリーズ。本日いよいよ最終回です!

出てくる全てのナンバーにそれぞれ思い入れがあり、ご紹介していないナンバーも是非ご紹介したいところなのですが…
最後はオーケストラで楽しむウエスト・
サイド・ストーリー!
この作品の作曲家バーンスタインが自らウエスト・サイド・ストーリーの曲を組み合わせて作り出した組曲《シンフォニックダンス》をご紹介します!

この組曲は本編のダンスシーンで使用されるナンバーを中心に構成されており、ストーリーの順番とは関係なく音楽が進行していきます🎼
私がこのシリーズで最初にお届けしたプロローグから始まりますが、例の指パッチンを演奏していないパートが担当したり、対立してるジェット団、シャーク団の喧嘩を止めに入る警官の笛の音がピピーッ!!と入ったり…
そして体育館でのダンスパーティーシーンで流れるマンボというナンバーでは、劇中同様「マンボ!」という掛け声が入ります❗️

組曲といえど、ウエスト・サイド・ストーリーの世界観を堪能出来る素晴らしい管弦楽作品です✨


この作品の他には「ウエスト・サイド・ストーリー セレクション」(メイソン編曲)という作品も存在します。こちらはシンフォニックダンスには入っていない歌ナンバーが中心に入っており、爽やかな印象の組曲です🎶


全6回に渡りお届けしましたミュージカルのお話♪〜ウエスト・サイド・ストーリー〜お楽しみいただけましたでしょうか…?

お話がハッピーエンドではないものの、偉大な作曲家が作り出した音楽と斬新な振り付け…様々な要素が総合された素晴らしい作品をこれからも追い続けていきたいと思います✨


そして、なんと!このシリーズをお届けしている間にウエスト・サイド・ストーリー来日公演が決定しました!!😊
渋谷ヒカリエにあるミュージカル劇場「シアターオーヴ」にて!
是非チェックしてみてください☺️


シリーズへのお付き合いありがとうございました♪
今後も自分の好きなミュージカルのシリーズ、お届けしていきたいと思っております💕どうぞお楽しみに。



中村響子

【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

ミュージカルのお話♪〜ウエスト・サイド・ストーリー⑤

こんばんは、アモローソ音楽院の中村響子です。
昨年から引き続き、《ウエスト・サイド・ストーリー》についてお話させていただきます✨

本日は、前回取り上げた不吉な増4度が使われていないナンバーをご紹介します。
そのナンバーは《サムウェア》。

映画版では決闘後マリアとトニーが抱き合いながら涙ながらに歌うシーンのみですが、舞台版ではこのナンバーを使った台詞が一切ないバレエシーンが存在します。
私はこの舞台版でしか見られないシーンが大好きです。
真っ白の舞台に真っ白な衣装を着たジェット団、シャーク団の面々が登場し、現実に起こっている対立のことが無かったように手を取り合い笑顔で踊ります。その姿を微笑みながら見守るマリアとトニー…。

そして、その後影ソロ(姿を見せず舞台裏でソロを歌うパート)で《サムウェア》が歌われます。その歌声が天から降り注ぐようで、清らかな気持ちになります。どうか2つのグループが和解し、そして争いのない平和な世が訪れますように…と祈らずにはいられません😢

そんな平和への願いを込めたナンバーには不吉を連想される増4度は使われておりません。作曲家の偉大さを改めて感じます…‼️


さて、次回は《ウエスト・サイド・ストーリー》最終回!………の予定です😊

お楽しみに♪


中村響子

【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

ミュージカルのお話♪〜ウエスト・サイド・ストーリー④

こんばんは、アモローソ音楽院の中村響子です。

本日も《ウエスト・サイド・ストーリー》のお話をさせていただきます♪

今までご紹介した三曲以外の曲についても一つずつ熱い想いを語りたいところなのですが…本日は音楽的な方向からお話したいと思います🎼
ロミオとジュリエットの立ち位置であるトニーとマリアが初めて出会い一瞬で恋に落ちた場面を経て、トニーが帰り道にマリアへの想いを歌う《マリア》。
本当に美しく、個人的にも大好きなナンバーです💕

この歌の冒頭はオペラのレチタティーヴォ(アリアとアリアの間に歌われる台詞部分のこと)のように歌われ、その後「Maria~♪」と音楽が動いていくわけですが、このMariaという単語の「Ma」と「ri」に当てはめられた音の進行を増4度音程と言います。
音と音の間には全て「○○度」と定められた音程の名称が存在しますが、この増4度という音程はシンプルな並びと比べて少し特殊で、「不吉な音程」「悪魔の音程」などの呼び名が❗️この不吉な音の並びが使われるこのナンバーは、物語ラストでの悲劇をこの時から予感させる役割を担っているそうです。
まだトニーとマリアが出会って小一時間も経っていないのに、もう悲劇を予感させるなんて…😢


この増4度ですが、他のナンバーにも使われています。ジェット団が歌う「クール」。映画版ではジェット団とシャーク団が決闘しそれぞれのリーダーを失った後その動揺を打ち消そうと仲間達で「冷静になれ」と歌い踊る場面。舞台版ではダンスパーティー後に決闘の約束を取り付ける為待ち合わせ場所でシャーク団を待つジェット団が歌う場面に使われます。

初めてこの曲の前奏を聞いた時不気味さを感じましたが、増4度が使われているからなのですね…。不気味さと緊張感のある前奏の後、内に秘めたパワーが爆発していく力強くかっこいいナンバーです。


次回は、今回お話させていただきました増4度が使われていないナンバーについてご紹介いたします。お楽しみに✨



中村響子

【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!
プロフィール

アモローソ音楽院

Author:アモローソ音楽院
【アモローソ音楽院】
勝どき駅から徒歩5分

主催 勅使河原真実より
「音楽を愛する人、バイオリンを好きになってくれる人を1人でも増やしたい!
そんな想いからアモローソ音楽院を立ち上げました。
「音楽だーいすき!」
を合言葉に、私たちと一緒にバイオリンをはじめてみませんか?
愛情を持って、優しく・丁寧に・楽しく、一緒に勉強すれば、音楽は必ずあなたの生涯のお友達になります!」

ブログでは、アモローソ音楽院の講師たちが、様々なトピックをご紹介致します♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR