FC2ブログ

開運

アモローソ音楽院の内海響子です。


もうすぐ新学期ですね!!

お友達の情報によると

今年は酉年だから

鶏肉が開運とか(*^^*)

4月から気持ち新たに鶏肉で開運\(^o^)/





しかし、鶏肉。

好きですが、どうも

肉という感じがしません( ̄▽ ̄)



鶏肉は

オヤツ

(笑)



これが肉\(^o^)/



【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

ミュートって?

講師の大槻文香です。
春…来るようで来ないですね…(ヽ´ω`)
はやく暖かくなってほしいものです。

さて…皆様、ミュートって聞いたことはありますか?
日本語で言うと「弱音器」ですね。
ピアノから管楽器、そして弦楽器にもミュートを付けることがあります(ピアノは弱音ペダルを踏みます)。

ヴァイオリンではコマ(弦を支えている、小さな白い板)に装着します。
私としては音が小さくなるのと、柔らかくなるイメージです。ソロでもオーケストラでも、音色を変えるときに使用します。

楽譜には
con sordino…コン ソルディ(ー)ノ ミュートを付ける
senza sordino…センツァ ソルディ(ー)ノ ミュートを取る

もしくは
una corda(ウナ コルダ)↔tre corda(トレ コルダ)
ミュートを付ける↔取る

などと表記されています。

このミュート、実は色々な形があります。
一本の弦の振動を抑えるもの、
二本の弦を抑えるもの、
はたまたコマ全体を覆うもの。
私の愛用は二本用のもので、愛を込めて「ブタ鼻」なんて呼んだりします(^^)

素材も色々で、ゴム製(私はこれ)、コルク製、金属製など…
それぞれ若干違った音色になるそうです!
機会があれば試してみたいですね\(^o^)/







【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

雨の日も楽しく♪

こんばんは、アモローソ音楽院の中村響子です。
昨日、今日は雨が続き気温も下がり街中を足早に移動しました☔️
どうしても雨の日は気分が落ち込み気味…そんな時必ずと言っても良い程聴く曲があります♪
ミュージカル【雨に唄えば】よりタイトル曲の『雨に唄えば』です。
土砂降りの雨の中、傘も差さずにずぶ濡れになりながら幸せそうに、楽しそうにジーン・ケリーが歌い踊る場面は本当に名場面!!
この曲を聴くと笑顔になり、心がわくわくします😍


ここで少しこぼれ話を💡
スタジオで撮影されたこのシーン、かなりの量の雨が降っておりますが、雨は映像に映りにくいですよね。そこで映像に映りやすくするため、雨として降らす水に少しミルクを混ぜて白っぽくした…という話があります❗️
そして、土砂降りの中撮影を進めるジーン・ケリーが風邪をひいてしまった…という逸話も。
そりゃそうです…
そんな雨の中、自ら濡れに行くなんて風邪をひきにいくようなものですものね。
良い子は真似しないで下さいね🈲


最後にもう一つ…
この曲はデパートなどで「外で雨が降ってきました」というお知らせとして雨が降り始めた時に館内で流れるそうです🌂
私はなかなか気付くことが出来ず、残念ながら未だに流れている時に遭遇したことがありません…😢

雨が降るかも?という日にデパートへ行った際はBGMにも耳を傾けてみてはいかがでしょうか?💕


中村響子


【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

アモローソ講師陣の共通点

アモローソ音楽院の佐々木梨花です。

今日は音楽とは関係ないどうでも良いお話。

先日講師陣で、
「何色が好きか」という話になりました。

結果はなんと、
5人中4人が「青」が好きということが判明!
見れば、それぞれが楽器ケースやカバンやコートなど、
全く同じ色の物を身に付けているではないですか。

不思議ですね、、バイオリン弾きは青を好む傾向に
あるのでしょうか。

ちなみに私はフェルメールの絵を見たときから
青が大好きです。
画家がよく使った鉱物ラピスラズリ、あの深い青ですね。
また美術ネタですみません(。-_-。)


バイオリンを弾かれる皆さんは何色がお好きでしょうか?

【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

勉強会♪

こんにちは、アモローソ音楽院の大槻文香です。
最近は天気や気温の変化が大きくなってきましたね。
楽器の調子にも注意したい今日この頃です。

さて、先日はアドバイザーである町田育弥先生をお招きして、皆で勉強会を開催しました。
指導の仕方や疑問に思うことを共有、消化したり、
色々な教則本を見せていただいたりと有意義な時間を過ごしました。

勉強会の度に新たな発見もあり、
ああ、こんな教え方もあるのか!
自分の生徒さんにはこの方法で合うだろうか?
他にも何か分かりやすい指導法はないだろうか、
等考えさせられます。

また、普段中々会えない講師の方々とお話をするのも楽しみなのです(*^^*)

次回の勉強会が待ち遠しいです♪




【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

無条件にワクワクする曲

アモローソ音楽院の内海響子です。


例え、タイトル知らなくとも

この曲が聞こえてきて

ワクワクした気持ちにならない人はいないのではないでしょうか
(*^^*)


・カルメン序曲

・ウィリアム・テル序曲



たーたららんらんらん♪ヾ(@°▽°@)ノ




アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

ヴァイオリンを使って歌い踊る…?!

こんばんは、アモローソ音楽院の中村響子です。

本日はヴァイオリンを使った面白いミュージカルナンバーをご紹介します♪
映画【雨に唄えば】の《Fit as a fiddle
》というナンバーなのですが、主人公と親友が巡業に出た過去を回想するシーンで流れます。

歌い踊りながらヴァイオリンも演奏(?!)という楽しいナンバーで、観ていると思わず笑顔になってしまいます😊

映像をご覧いただけると分かりますが…良いコは絶対真似しないで下さいね!!!!🈲


【雨に唄えば】は私の大好きなミュージカル映画。今後、別のナンバーについてもご紹介させていただきたいと思っております💕


中村響子


【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

26歳という若さで…

アモローソ音楽院の佐々木梨花です。

前回に引き続き作曲家シリーズを。

♪本日の作曲家: ジョヴァンニ・B・ペルゴレージ♪

281年前の今日3月16日に26歳の若さで人生の幕を
降ろしたイタリアの作曲家。
1710年に生まれ、1736年に亡くなっているので、
バッハの人生にすっぽり収まってしまうという。
何とも短い人生ですが、ペルゴレージはいくつかの傑作をこの世に残していってくれました。

ペルゴレージといえばこの曲!
私も大好きな宗教作品
「スタバト・マーテル」(悲しみの聖母)

イエス・キリストが磔刑で命を落とし、
母マリアが受けた悲しみを歌っています。
一曲目の、マリアの涙を表すような音型、
胸が締め付けられるような音の絡み、
時に慰められるような響き、
どれも絶妙で言葉がでません。


また、ペルゴレージはバイオリン協奏曲も残している?
ようです。偽作との見方もありますが、彼の作品だったら嬉しいなぁ。
是非聴いてみてください!

【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

弾けないとなると、意外とどうでしょうか。。。

アモローソ音楽院の内海響子です。

あまり自慢できることではないですが、
私は、自慢できるほどすごく運動音痴です。
(//>ω<)

それでも、

私はこう見えて真面目なので

小学校の体育の授業は頑張り

跳び箱に向かって走り

飛び、


腕の骨折りました



o(TωT )



しかもそれは、

なんと

ヴァイオリンの発表会の前日!!
((>д<))



命に別状はないと分かった瞬間、

母に


終わってから折りなさい


と、怒られました



(´д⊂)‥ハゥ


何が言いたいかと言いますと、、、

普段、毎日毎日辛い練習をしていると、
時には、

熱でも出たら寝ていられるのに

とか、

怪我でもしたら休めるのに、

と思うかもしれません。


けれど、弾かなくていいとなると、

意外と寂しいものですょ

(。-_-。)


【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!

テーマ : クラシック
ジャンル : 音楽

髪は切らない床屋さん?

アモローソ音楽院の佐々木梨花です。

皆さんはバーバー(Barber)という作曲家を知っていますか?

107年前の今日、
1910年3月9日アメリカに生まれた、サミュエル・バーバー。
日本だと、サミュエル・床屋さんになりますね。

冗談はさておき、
バーバーの代表作といえば、皆さんも一回は聞いたことがあるのではないでしょうか
「弦楽のためのアダージョ」、
映画「プラトーン」の音楽で有名です。


また、バーバーは素晴らしいバイオリン協奏曲も書いています。
協奏曲というよりは、ソロバイオリンとオーケストラが溶け合って映画音楽のような雰囲気。
映像的な1楽章から始まり、弦楽のためのアダージョを想わせる2楽章、終楽章は圧巻の無窮動で締めくくられる
という充実した構成です。

是非聞いてみてくださいね!


【アモローソ音楽院】
http://www.amoroso-ongakuin.com/
ヴァイオリンのこと、レッスンのこと、楽器のことなど、いつでもお問い合わせご相談ください!
プロフィール

アモローソ音楽院

Author:アモローソ音楽院
【アモローソ音楽院】
勝どき駅から徒歩5分

主催 勅使河原真実より
「音楽を愛する人、バイオリンを好きになってくれる人を1人でも増やしたい!
そんな想いからアモローソ音楽院を立ち上げました。
「音楽だーいすき!」
を合言葉に、私たちと一緒にバイオリンをはじめてみませんか?
愛情を持って、優しく・丁寧に・楽しく、一緒に勉強すれば、音楽は必ずあなたの生涯のお友達になります!」

ブログでは、アモローソ音楽院の講師たちが、様々なトピックをご紹介致します♪

最新記事
カテゴリ
月別アーカイブ
最新コメント
リンク
RSSリンクの表示
検索フォーム
QRコード
QR